Fate/GO攻略・設定まとめ【FGO】

それは、未来を取り戻す物語。 永きに渡る人類史のすべてを遡り、7つの聖杯を探索する、『Fate』史上最大規模の物語が、いま、幕を開ける。 Fate/Grand Orderの攻略や設定などをまとめていきます!

    2014年11月

    2 2014/09/05(金) 15:14:09 ID:xKsgDNIA0
    「主よ、今一度この旗を救国の……」
    神代は終わり、西歴を経て
    人類は地上でもっとも栄えた種となった

    「いえ、救世の為に振るいます」
    我らは星の行く末を定め、
    星に碑文を刻むもの

    「秩序は燃え尽きた」
    人類をより長く、より確かに、
    より強く繁栄させる為の理――人類の航海図

    「多くの意味が焼失した」
    これを、魔術世界では人理と呼ぶ

    「私達の未来はたった一秒で奪われた」
    人理

    「聞け!この領域に集いし一騎当千、万夫不当の英霊たちよ!」
    「相容れぬ敵同士であろうと今は互いに背中を預けよ!」
    「我が真名はジャンヌ・ダルク、主の御名の下に貴公等の盾となろう!」

    「この戦いは人類史を遡る長い旅路」

    第一の聖杯 
    救国の聖処女
    AD.1431  ■■百年戦争 オルレアン
    人理定礎値_C+
    Ⅰ Ⅱ Ⅲ

    「ですが悲観することはありません……貴方には無数の出会いが待っている」


    第二の聖杯 
    薔薇の皇帝
    AD.0060 永続■■帝国 セプテム
    人理定礎値_B+
    Ⅳ Ⅴ Ⅵ

    「この星の全てが聖杯戦争という戦場になったとしても」

    第三の聖杯 
    嵐の航海者
    AD.1573 封鎖終局四海 オケアノス
    人理定礎値_A
    Ⅰ Ⅱ

    「この地上の全てが疾うに失われた廃墟になっていても」

    第四の聖杯 
    ロンディニウムの騎士
    AD.1888 ■■■■■■ ■■■■
    人理定礎値_A-
    Ⅳ Ⅲ

    「その行く末に無数の強敵が立ちはだかっても」

    第五の聖杯 
    ■■の白衣
    AD.1783 ■■■■■■ イ・プルーリバス・ウナム
    人理定礎値_A+
    Ⅰ Ⅱ Ⅲ

    「結末は未だ誰の手にも渡っていない」

    第六の聖杯 
    輝けるアガートラム
    AD.1273  ■■■■■■ ■■■■■
    人理定礎値_EX
    Ⅳ Ⅴ Ⅵ

    「さあ、戦いを始めましょう……マスター」

    第七の聖杯 
    天の鎖
    BC.■■■■ 絶対魔獣戦線 ■■■■■
    人理定礎値_■
    Ⅴ Ⅵ

    過去最大の規模で行われる
    聖杯戦争、開幕

    Fate/Grand Order
    それは
    未来を取り戻す物語


    ※注釈
    ロンディニウム:現在のロンドンあたりのこと
    イ・プルーリバス・ウナム:E pluribus unum(ラテン語)。アメリが独立戦争時の理念のこと。「多数から一つへ」の意
    アガートラム:ケルト神話の神ヌアザのこと。『銀の腕』の意

    続きを読む

    このページのトップヘ